タイヤの性能や交換方法を再チェック|簡単エンジョイカーライフ

女性

シーズンに合わせる事

雪道

タイヤはシーズンによって向き不向きがあります。通常のタイヤは冬以外に向いており、スタッドレスタイヤは雪が降っている時に向いています。雪道に適したタイヤなので性質が異なります。性能差があるので注意しましょう。

詳しくはこちら

緊急事態に対応出来る

乗り物

スペアタイヤを搭載する事で、突然のパンクなどにも対応する事が出来ます。しかし、スペアタイヤはあくまでも一時しのぎのアイテムなので、いつまでも着用すると危険です。なるべく早く正規品のタイヤに交換しましょう。

詳しくはこちら

自分でタイヤを交換する

女性

万が一に備えてタイヤ交換の方法を知っておきましょう。作業工程も大事ですが、必要になる道具もありますので、予めチェックして車に用意しておくとパンクなどにもスムーズに対応する事が出来ます。

詳しくはこちら

値下げするポイント

男性

車の乗るのであればタイヤ選びはかなり大切になります。乗り心地にダイレクトに影響しますし、ブレーキングやグリップ力、走行距離や燃費など様々な要因に直結するので選び方からこだわったほうが良いでしょう。どの性能に特化するかで選ぶタイヤが異なりますので、まずはどの性能に特化するのかを決めましょう。冬場であれば雪が降るのでスタッドレスタイヤをセレクトするだけで良いのですが、雪以外の時では様々なシチュエーションがあります。また、使用する環境によっても重視するべき点が異なるので自分のカーライフを良く考えましょう。お金を安くしたいのであれば、低燃費になるようにする必要がありますし、ドリフトなどに参加するのであればグリップ力を気にする必要があります。タイヤ選びが終わったのならば、交換作業となります。自分で交換する事も出来ますし、業者に依頼する事も可能なので好きな方法を選びましょう。

タイヤ交換の金額を抑えたいのであれば、一工夫する事で値段を下げる事が出来ます。まずは本体価格の見直しです。店舗購入も良いのですが、ネットショップで購入した方が安い可能性が高いです。同じタイヤでも数千円単位で値段が異なるので、出費を下げたいのならばインターネットも見てみましょう。相場価格やおすすめアイテムなどもまとめてチェック出来ます。業者に頼むよりは自分で行なった方が安いのは言うまでもありませんが、業者に依頼する時は持ち込み可能な業者をセレクトしましょう。持ち込み可能な業者は少し値段が下がりますし、廃棄料金なども安い事が多いので狙い目となっています。業者ごとに値段が異なるので、複数の業者の情報をチェックする事で値段が一番安い業者を見つける事が出来ます。ポイントを把握して実践してみましょう。結構値段に差があるので、別の事にお金を回せるようになります。